よくある質問

お客様からよくご質問いただく内容を紹介しています。
その他の仏壇・仏具または当店についてご質問がございましたらお問い合わせください。

株式会社 杉浦佛壇店

〒448-0843 愛知県刈谷市新栄町2-28  [営業] 9:00~19:00  [休業] 第2・4 火曜日

0120-176-763

または
(0566)24-0855

宗派によって仏壇の種類は違うのでしょうか。

お仏壇は大きくは金箔仏壇、唐木仏壇、家具調仏壇と3種類に分かれますが、特に金箔仏壇では宗派専用のものがありますので、違う宗派のものはお奨めできません。
また浄土真宗の場合は極楽浄土の表現として金箔仏壇が推奨されますが東本願寺、西本願寺、高田派とさらに細かく分類されます。
唐木仏壇、家具調仏壇には宗派の違いはありませんが唐木仏壇の場合は宗派に合わせたものもございますのでご相談ください。いずれのお仏壇でもお仏具については宗派別に異なりますので宗派専用のものをお選びいただきます。

先日家族が亡くなり、お仏壇やお位牌を初めてととのえたいと考えています。いつ頃までに準備したらよいのでしょうか。

お位牌(白木ではなく塗りや唐木で出来た本位牌)は必ず忌明け(四十九日または三十五日)までに準備しなければいけません。お仏壇もできる限り忌明け法要に間に合うようにととのえたいものです。
ただし浄土真宗の場合は位牌ではなく法名軸、過去帳、繰出法名となります。

定年退職を期にそろそろお仏壇を求めたいと考えています。購入するにあたってよい時期があるのか教えてください。

お仏壇はご本尊とご先祖をあわせてお祀りするところです。み仏の法に会いご先祖に感謝することに時期の良し悪しはありませんのでいつお求めになられても構いません。
本来は一軒の家を構えた時点でお仏壇を安置することが理想でしたが、お仏壇を考えるご縁があった時と思い適切に対応することが良いでしょう。
身内が亡くなっていないからお仏壇はまだいらない、分家だからいらないなどと思うのではなく、日頃からみ仏とご先祖に感謝しながら生活することが家族が揃って幸せになる暮らしかたです。

このたび家を建て替える予定となりました。お仏壇を引っ越ししたり、保管してもらえるでしょうか。

お仏壇の引っ越し、保管も承ります。お気軽にお申しつけください。
ただし、引っ越しや保管、オーバーホールにあたっては檀那寺のご住職にお精抜きのお経をあげていただきます(宗派によって教えがことなりますので詳しくはお寺様にご相談ください。)。
お仏壇には取り外さなければならない部品もございますので引っ越し業者では破損させてしまう場合も考えられますので私どもお仏壇専門店に依頼した方が安心です。引っ越しと同時に清掃も致しますので気持ちよく安置できます。
また安置した後にはお精入れ(入仏)のお経をあげていただきます。弊社では建て替え期間中の保管も実費で承っております。
なお、お預かりする間にオーバーホールや部分的な修繕、清掃もできますので、まずはご相談ください。本格的なオーバーホール時期の目安は40年から50年です。

実家の両親が亡くなり跡取りがいないので仏壇を処分したいのですがどうしたらよいでしょうか。

弊社では不要になった古いお仏壇、お仏具のお引き取り、御処分も承っております。
まず、檀那寺のご住職に精抜きのお経をあげていただきます(宗派によって教えが異なりますので詳しくはお寺様にお尋ねください)。その後お引き取りに伺います。
また小型のものでしたらご自身で持ち込んでいただいても構いません。いずれも運搬、御処分の実費がかかりますのでご相談ください。弊社ではまとめて供養させていただき御処分させていただきます。
またご本尊お位牌などのご供養についてはお寺様にご相談ください。

お仏壇の電気が古くなって点かなくなりました。一部彫刻も取れたり障子が破れたりしています。仏具も金箔が剥がれています。修理をしてもらえるでしょうか。

お仏壇、お仏具の部分的な細かい修理もお気軽にお申しつけください。
お仏壇内の配線工事も低電圧で安全な器具でお取り換えいたします。
灯篭やお輪灯などのお仏具も宗派に合わせてお調え直しすることも可能です。お気軽にご相談ください。

家の新築を期に仏壇を購入しようと考えています。仏間などどんな点に気をつけたらよいでしょうか。

お家を建てるにあたりお仏壇を安置されることは家族が幸せに暮らすためにはとても喜ばしいことです。
お仏壇を中心に家族が感謝の念をもって仲良く穏やかに暮らすことが一番の幸せです。
仏間についてはまず家族が親しみやすくお詣りができる場所を選ぶことが大切です。法事などの仏事をおこなうことも考慮できればさらによいでしょう。
方角などについては諸説ございますが、陰気にならないところであればおおむね良いかと存じます。
仏間のサイズについてはお仏壇に対するイメージをまず確認することが先決です。出来ればご来店いただき、現物を見ながらイメージを確認をしてある程度のサイズを決定します。
お仏壇のサイズが決まれば、自ずと仏間のサイズや安置場所を決めることができます。
弊社ではモデル仏間や多様化するライフスタイルに応じた多種多様なお仏壇を取りそろえてございますのでご来店の上、ご相談いただくことが後悔のないお家づくりには肝要かと存じます。
どんなことでもお気軽にご相談ください。